1週間で体重5Kg減!!なんて当たり前!?

1週間で体重5Kg減!!なんて当たり前!?
減量

マジで減量でそんなに減るのか!?そもそも減量ってダイエットと何が違うの?と思っている人も多いんじゃないでしょうか?

今回はそんな格闘家の減量に迫っていきます。

格闘家の減量法

体重がきになる今日此頃、夏は水着で海水浴など体型がきになる季節が近ずいてきますね。簡単にバキバキのカラダを手に入れたいあなたは必見かもしれません。

格闘家達は試合に向けて減量がつきものです。一番大切な仕事と言っても過言ではありません。そんなダイエットのプロと言える格闘家の減量法についてお伝えしたいと思ってます。

試合が決まったら

試合が決まるとその日に向けて体重を減らしていきます。最初に今の自分の体調をチェックします。体重や体脂肪など数値を記録し今の自分をしっかりと把握することが大事です。

  • 体重
  • 体脂肪

明確な目標設定

そしてここで一番重要ポイントがあります。それは明確な目標管理設定をするという事です。細かくタイムスケジュールを決めます。

例えば7日目で〇〇Kg14日目で〇〇Kgなどと目標を明確に設定します。小さな目標達成がモチベーションアップになりますのでここが本当に重要です。

日記やグラフに記録する

目で見て成果がわかるように日記やグラフに書いていきます。

食事管理

ここから実際に行動していきます。まず食事管理から始まります。カロリーコントロールをしてカラダに付いている脂肪を落としていきます。

普段から節制している選手達は、まずここで減らす部分が少ない分大変です。

運動によるカロリー消費

運動によるカロリー消費をします。走り込みや激しいトレーニングで脂肪を減らしていきます。これは何も目標がないと辛いです。目標がないとまず続きません。なので目標設定は重要なのです。

試合当日まで残り1ヵ月

試合当日まで残り1ヵ月ここまでくると目標体重まであと少しとなっています。だいたいあと2〜5Kgぐらい、カラダの大きさや体質によって異なりますがこの状態で試合1週間前ぐらいになります。ここからは一般の方には絶対に真似して欲しくない過酷な『水抜き』という方法で体重を落とします。

過酷な『水抜き』

食事管理でなるべく塩分を摂取せずに水分を多く取り体内から塩分を抜いていきます。するとカラダから水分が出やすくなります。3日前ぐらいから水分を取る量を減らし最後は走ったりサウナもしくは半身浴などでさらに体から水分を落として体重を作っていきます。少ない人で2〜3Kg多い人で5〜6Kg水分だけで落とします。『水抜き』は非常に危険です脱水症状で倒れたりして健康を害するので真似してはダメです。

なぜこんな事をして体重を作るのかというとなるべく試合当日に体重と体力をリカバリーして試合に臨むためです。脂肪や筋肉などを落として体重と体力を削ると試合当日までに元に戻すのは大変です。てか、無理です。水分であればすぐにリカバリーできますので計量終わって試合当日にはすっかり元のカラダにもっどっています。少しでも相手より体力がまさっていれば有利ですからね。という事でこんな事をします。

『習慣』になればカラダは変わる

最後は一般方にはおすすめできない事でしたが前半はできる事でした。結論!ダイエットは、地道にやらなきゃダメって事です。

個々にしっかり『目標』を立てて計画的に取り組みましょう。『継続』すると『習慣』になり気づいた頃には理想のカラダを手に入れている事でしょうね。続けることが最も難しくです。しかしダイエットの最短ルートかもしれません。。

『習慣』になればカラダ変わって人生変わるかもです!!

お役だ立ち情報カテゴリの最新記事