3分間コーチングナレッジLesson7「GOAL設定」と「バランスホイール」

結論

「GOAL設定」とは目的地であり通過点、コーチングで最も重要な考え方
「バランスホイール」とは人生をバランスよく表すGOAL設定に必要な考え方

「GOAL設定」

コール設定はコーチングにおいて最も重要な考え方です。条件があり、3分間ナレッジで勉強してきた要素が必要になります。

1、want toであること
2、現状の外側であること
3、複数設定すること

この3つの条件でゴール設定を行います。

「バランスホイール」

スクリーンショット 2021-06-22 16.07.11

仕事:身銭を切ってでも、人の役に立つこと。
趣味:本音のwant toであり、人の役に立たないこと
人間関係:仕事とプライベートの人間関係
家族:自分の両親、自分が作る家族、自分の子どもにとって、どう在るか
社会貢献:自分の利益ゼロで、自分の重要度の外への貢献(慈悲心のこと)
知性:抽象度を高める、体系知識を身につける学び(生涯学習)
健康・美容:上記のゴールに対して必要な運動・栄養・休息・美容の在り方
ファイナンス:上記のゴールを実現している際の、収入と支出の差額(資産)

ゴール設定の条件の3、複数設定すること 要するに人生の各方面にまんべんなく設定をする方が、脳は活性化します。人生全体でバランスを取ることで、私たちはより幸福で豊かな人生を送ることができるし理想とする最高の人生のあり方を追求していく。これがコーチングにおける正しいゴール設定のやり方で、バランスホイールが必要なのです。

コーチングでの扱われ方

バランスホイールで複数設定するゴールに基づいてアファメーションを行うことがゴールを達成した将来の自分をリアルに思い描くために、非常に効果的な方法です。

イメージに鮮明さが伴うと、リアリティになる。

鮮明で明確なイメージの描写が、脳内のリアリティをつくり、人間は脳内に蓄積されたリアリティに従って判断し、行動します。ゴールの世界をリアルに感じると、それが現実になるのです。バランスホイールで設定した方が、ゴールを達成した将来の自分やその世界のリアリティはより高まるのです。

潜在意識というのは、並列思考が得意なのでゴールは複数設定した方が、理想とするセルフイメージのリアリティは増して、脳は返って活性化し、達成をより容易にしてくれるのです。